« 瞬間催眠 | トップページ | 催眠を徹底解剖!? »

催眠のまとめ

催眠術の基本.

 かかる人にしかかからない(重要!!).だから,かかる人にかける.生理的反応+観念運動を使うのが一番ベーシック.

「生理的反応:筋肉や骨格などの性質で,当たり前にそうなってしまう反応」
・指を互い違いに組んで,腕を伸ばすと手がはずれにくい.
・指を互いに組んで,人差し指だけ伸ばし,人差し指の先を離すとくっついてしまう.
・かかとをそろえて立ち,上を見ると重心が後ろ気味になり,倒れやすくなる.


「観念運動:イメージすると体が反応する事」
・振り子を持って,目を動かすとその方向に振り子が動く.
・振り子を持って,動くイメージをすると振り子が動く.
・目をつぶり,手を浮かせて,その手に風船がついているとイメージすると手が浮く.
・同じように,てに思いものがあると想像すると手が下がる.
・レモンを想像するとつばが出る.


 例えば,「後倒法」は「かかとをそろえて,上を向いた不安定な状態」という生理的反応と「後ろに引っ張られます」という,催眠者の言葉のイメージによる観念運動が混ざって,暗示どおりに後ろに倒れてくる.さらに,後ろに倒れるという状態がトランス状態にさせるのだが,それはまた別の話.

 当たり前の反応を,催眠者によって引き起こされたと錯覚させる事が催眠術の基本.

 この通りやって,出来ない場合は,先ずは被験者のかかりの良さを疑いましょう.被験者がかかりが良いと言うことならば,自分の方法を省みましょう.考えるべき箇所は,
1.発声がスムーズか
2.相手に合わせて言葉を発しているか
他にもありますが,最低限ここをクリアすると,かかりのいい人は誘導できるのではないでしょうか?

|

« 瞬間催眠 | トップページ | 催眠を徹底解剖!? »

サイミンサイコウ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25633/2069562

この記事へのトラックバック一覧です: 催眠のまとめ:

« 瞬間催眠 | トップページ | 催眠を徹底解剖!? »