« マジックと超能力の関係 | トップページ | 催眠は××だ »

催眠とは

 「催眠」という言葉の使い方について今回は書きたいと思います.催眠ってのは便利な言葉で,その時によって使い分けが出来ます.それによって,この世は全て催眠に成ってしまいます.
 一般的な意味での催眠は,テレビで見るショーのあれです.催眠をかける人が居て,かけられる人が居て,暗示の通りに本人の意志と関係なく行動してしまう.しかし,実際の催眠にはもう少し幅があります.普通の意識とは違う状態になること.つまり,変性意識やトランス状態の事を催眠と言うことがあります.それによって,映画を見ているとき,小説を読んでいるとき,つまらない講義を聴いている時も催眠状態と言ってしまいます.他には,コマーシャルフィルムや広告の言葉とかも,無意識に影響を与えるからと,催眠と呼び始めます.そして,さらに解釈を拡大して行き,無意識に影響を与えることが全て催眠だ,となります.ここまでいくと,普通の会話も実は暗示効果があって催眠だと言うようなことになってしまいます.
 どの使い方も,その時によっては催眠だと言えますが,これを混同して使うと困ったことが起きます.例えば,催眠ショーの催眠を求めてくる人に対し,変性意識の事を催眠だとして説明します.前者の催眠は,かかる人は限られていますが,後者の催眠は誰でも成ります.そこで「誰でも催眠になるんですよ」と言われたとして,ショー催眠を求めている人が催眠にかからなかったときに,「誰でも催眠にならないじゃないか」と思ってしまいますよね.
 このように,催眠と一言で言っても幅広い意味があり,どの意味で使っているのか気をつけないと,誤解が生じることがあります.この誤解を,わざと利用しているの人も一部いるので気をつけてください.

|

« マジックと超能力の関係 | トップページ | 催眠は××だ »

サイミンサイコウ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25633/2119599

この記事へのトラックバック一覧です: 催眠とは:

« マジックと超能力の関係 | トップページ | 催眠は××だ »