« 研究は矛盾と闘う | トップページ | 催眠番組 »

催眠をやる人を端から見ると

 私は日頃から「催眠は目的が大事である.そして,その目的には催眠が最適なのか考える必要がある」と主張しています.そして,「心理療法」が目的なら,催眠技術だけでなく心理学全般を知らないと使えないと思っています.「営業」が目的なら,古典的催眠は使えないし,現代催眠も修得がむつかしい.「コミュニケーション」だって,古典催眠は使えないし,現代催眠よりも社会心理の方が良いと思います.催眠が最適なものが私は思いつきません.催眠じゃなきゃ駄目なものを私は知りません.そんな催眠ですが,その不思議に見える技術を知りたい人が沢山居るようです.そんな人たちが集まるのに「オフ会」というものがあります.
 私もオフ会に参加したことがあります.催眠オフ会には様々な人が集まります.催眠という共通の興味を持って集まる会なので,普通とは違う価値観があります.それは,「催眠はすごい」とか「催眠はおもしろい」というものです.私は書いてあるとおり,「催眠はあまり使えない」と思っているので,冷静にオフ会を見ています.催眠のテクニックに興味のある人,現象に興味がある人,色々です.そんな中で,催眠に興味のある女性の興味のある人を見受けます.とにかく,女性にしか催眠誘導をしない人.催眠誘導は体にさわる事がありますからね(実はさわる必要はないんですけど).必要以上に体をさわっているひとは,さすがに見ていていい気持ちにはなれないですね(とはいっても,本人はそんな気がないかも知れないですからね.簡単には言えませんけど).そんな中,おもしろい催眠オフ会の体験談を見つけたのでご紹介しておきます.私も気をつけなければ…….

「らぴらぴさんのオトナ系日記」1月27日の記事

|

« 研究は矛盾と闘う | トップページ | 催眠番組 »

サイミンサイコウ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25633/3326742

この記事へのトラックバック一覧です: 催眠をやる人を端から見ると:

« 研究は矛盾と闘う | トップページ | 催眠番組 »