« テクニックといっても | トップページ | 注意!! 催眠に興味のある人は読まないで下さい »

催眠状態

 次に書くべきは,催眠状態についてです.世間では,催眠状態という状態になると,暗示が無意識に直接働いて,その通り行動するという風に説明されています.そして,催眠状態は誰でもなることが出来るだけでなく,一日に何度か催眠状態になっていると言われてます.それは,テレビに集中しているときだとか,眠りに入る前だとか言われています.もし,それが催眠状態であれば,あなたは簡単に催眠術が出来るようになります.テレビを用意して,それを見させてその隣で暗示を言えばいいのです.もしくは,被催眠者が寝る瞬間をまって,その時に暗示を言えばいいのです.これらを,テレビ誘導法,入眠誘導法と名付けたいと思います.しかし,非現実的だし,私はこれらの誘導法をやっても催眠誘導できるとは思えません.これらはテクニックにはなり得ない訳です.
 催眠状態が状態であるなら,本来その手順がテレビだろうが,寝る前だろうが,読書中だろうが何でも良いはずなのですが,残念ながら暗示には反応しないでしょう.これについては,「サイミンサイコウ」で書いたと思いますが,催眠状態とトランス状態をごちゃ混ぜにして都合のいいようにしているだけなのです.つまり,催眠のテクニックってのは,催眠状態にするという事ではないのかもしれないです.状態にこだわると,テクニックが見えてこないかも知れないです.

 

|

« テクニックといっても | トップページ | 注意!! 催眠に興味のある人は読まないで下さい »

ヒプノティック・テクニックス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25633/4048176

この記事へのトラックバック一覧です: 催眠状態:

« テクニックといっても | トップページ | 注意!! 催眠に興味のある人は読まないで下さい »