« 第四回 山場で頂上 | トップページ | 脱催眠論「現代催眠とか」 »

脱催眠論「アンジ」

 暗示とは何か.それは,催眠を話題にするときに避けて通れないものです.大雑把に言ってしまうと,催眠とは”=暗示”と”=トランス状態”のふたつに集約されると思います.今回は暗示について重点的にお話ししたいと思います.
 現在,暗示だと言われているものを知っている範囲で挙げてみたいと思います.先ずはもちろん,催眠術師か使う暗示です.そして,今あなたが読んでいるこの文章も暗示です.私は今あなたに,脱催眠の暗示をしているのです(笑).他には,テレビのCMや広告も暗示です.あれらは,あなたに商品を買わせようと暗示しているのです.あとは,あなたの行動も暗示です.例えば,あなたが仕事で怠けたら,それが自分自身への暗示になって,さらに怠けてしまうでしょう.他には,思いこみは全て暗示です.こんなクイズがあります.「F1レーサーが一方通行の道路を猛スピードで逆走しているところを,警察官に見られても捕まりませんでした.何故でしょう?」.すぐに答えられなかった人は,「F1レーサー」という単語から暗示を受けています.「F1レーサー」という言葉には「=車に乗っている」,という暗示があるのです.実は,このF1レーサーは,一方通行の道路をジョギングしながら逆逆走していたのです.こんなクイズにも暗示が潜んでいます.
 さて,とりあえず考えつく暗示と言われているものを挙げてみましたけど,この中で催眠に関係する暗示とはどれでしょう? 全部でしょうか? 私は,それぞれの一部は催眠ですけど,催眠ではない部分も多いと思います.例えば,最後の「思いこみ」に関しては,催眠で使う部分もあれば,催眠とは全く関係ないものもあるでしょう.それを,思いこみはすべて暗示であって,催眠であるというのは暴論だと思います.
 思いこみに関しては,とても良い本があります.分類すると,認知心理の本になるでしょうか.『クリティカル進化論』 という本なのですが,漫画の『OL進化論』を題材に,人間がしてしまいやすい思考の落とし穴,思いこみについて書いています.この本は,私が催眠信者に最初に薦める脱催眠本です.これを読むと,催眠の宣伝のおかしいところや,へんてこ催眠理論のおかしなところがわかります.それとと同時に,思いこみについて理解することによって,それを催眠にも応用できるのです.
 私も昔は,「催眠=暗示」と思っていました.世の中は暗示だらけで,すべてが催眠だとも.しかし,心理学や論理的思考を勉強するにつれて,そのおかしさに気付きました.例えば簡単な事だと,「催眠はトランスだ,だからトランスは催眠だ」という考えがあります.そこから,トランス状態である,映画を見ているとき,リラックスしているとき等も催眠である,とおもってしまっています.これは一読すると正しいように思えますが,実は正しくないのです.催眠はトランスの現象の一部を指すもので,トランス全てが催眠ではないのです.これは,高校の数学で習う考え方ですが,AならばBが真の時,対偶は必ず真ですが,逆や裏は必ずしも真ではないという事です.他の例だと,「人間はほ乳類だ」は正しいですが,逆の「ほ乳類は人間だ」は正しくないですよね? ネズミもほ乳類ですから.「さっきの催眠はトランス」だというのも全く同じ事なんですが,トランスは催眠だ,という事を素朴に信じている人が多いように私は感じます(もちろん,「催眠は暗示だ」も同様です).是非,そんなことをもう一度良く考えて欲しいなあと思います.
 暗示に話を戻しましょう.「あなたはだんだん眠くなる」という台詞も,テレビCMも思いこみも全て暗示なのでしょうか? そして,暗示であるなら全て催眠なのでしょうか? テレビCMや宣伝は,社会心理学の分野で研究されています.もしあなたが,CMや広告に興味があるのなら,社会心理学の本を読み始めてみてはどうでしょうか? 思いこみに興味があるのなら,認知心理学の本をお薦めします.どちらも催眠ではありませんが,催眠以上に使えるものがあるでしょう.
 そろそろ今回の話は終わりです.もし,私が書いたこの文章が暗示だとしたら,読んでいるあなたに少しでも考えるヒントを与えられたら嬉しいです(笑).しかし,結局催眠で言うところの暗示とは何でしょう? 私は,社会心理学や認知心理学を勉強して,自分なりの答えを見つけています.そこらへんの事はブログではあえて書きません.みなさんも自分自身で改めて考えてみてください.催眠とは何か,暗示とは何か.そのためには,催眠をもう少し冷めた目で見ることが必要だと思います.その方法として,是非心理学の本を手に取ってみてください.これから,出来るだけ考えるきっかけになる書籍をご紹介していきたいと思いますので.では,次回をお楽しみに

|

« 第四回 山場で頂上 | トップページ | 脱催眠論「現代催眠とか」 »

脱催眠論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25633/6620412

この記事へのトラックバック一覧です: 脱催眠論「アンジ」:

« 第四回 山場で頂上 | トップページ | 脱催眠論「現代催眠とか」 »