« 第二回 暗示行動で古典催眠 | トップページ | 技法の効果 »

第三回 トトロでトートロジー

古典催眠でやりたいこと

taka
じゃあ,今回は古典催眠一色で行くよ



eri
はい,楽しみです



参考テキストとして,ここら(http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/tg/listmania/list-browse/-/364ZVJSTVJLQJ//249-4715010-0426757)へんの本を参考にして貰いたい.無くても分かるように説明していくつもりですが,他の本を読むと理解が深くなると思います

私は,京助さんのテキストを読みました

そうですか.まあ,予備知識はどうであれ分かり易く説明していくつもりです.ところで,エリさんが古典催眠を使えるようになったら,どんなことがしたいかな?

催眠ショーの術師になる? けど,そんなことはしたくないな.友達にかけて遊ぶ? というのも,なんだか友達から変人と思われそうだし

そうだね,催眠への誤解は大きいからね.他には何かあるかい?

うーん.彼氏を思いのままに操る? けど,そんなこと出来るのかな?

『思いのまま』の内容によるかな.具体的にはどんなこと?

えー,私の行きたい場所にデートにつれていってくれるとか……

彼氏にそれを普通に頼んでも,連れて行ってもらえないの?

いえ,そんなことないですよ.いきなり明日沖縄に連れて行け,と言ったら無理かも知れませんけど

そうだね.彼氏もエリさんのことが好きだから,いろいろと実現しようとしてくれるよね.ただ,お金も時間も必要で,そもそも実現不可能なことは,催眠だろうと無理だよね

そうですね.私は,あまり古典催眠でしたいことなんてないかもしれないです

わかった.じゃあ,古典催眠で出来ることを話そうか

はい

古典催眠で出来ること

古典催眠で出来ることもたくさんある.ただ気をつけなきゃいけないこともあるね.それは,前回話したけど覚えているかな?

えっと,古典催眠は限界があるんでしたよね

そうだね.大抵の暗示は,すぐに効果が無くなってしまう.それに,かかる人が限られているって事だ.それをふまえて,かかる人はどういう現象が起きるのかを箇条書きにしてみるね

・運動支配(腕が動かない,立ち上がれない)
・感覚支配(味が変わる)
・感情支配(笑いが止まらない,誰かを好きになったように感じる)
・記憶支配(人格が変わる)

なんだか,すごいじゃないですか.人格が変わっちゃうんですか?

正確に書くと『人格が変わったように振る舞う』ということだね.何故,そう振る舞っちゃうのかというと,トランスになっていてるからなんだね

じゃあ,本当に人格が変わったわけではなくて,演技と言うこと?

そう思って貰ってかまわない.ただ,人格って何なのかはっきりさせないと,人格が変わったかどうかわからないよね.そういうむつかしい話は,心理学の専門家に任せて,ここでは,簡単にいくよ.

そうですね,人格って何なんでしょうね.私は,心理学を勉強していますが,良くわかってません

うん,まあそれは置いておいて.で,これらの現象は,すべて自分でやろうと思えば出来るよね.つまりエリさんに,立ち上げれないようにしてみて,って今頼んだらエリさんは,どうする

えっ? 別に良いですよ,たいしたことじゃないですから

そうかい.じゃあ,君は今立ち上がれないようになったわけだね.そして,今度は立ってみてくれるかな?

えっ? 立って良いんですか? 立ち上がれないんじゃないんですか?

……

何で何も言わないんですか? どうしたら良いんですか?

……

……

とまあ,君は立ち上がらなかったから,古典催眠にかかっていたね

何言ってるんですか,私は立ち上がろうと思えば立ち上がりました.ただ,その前に立ち上がれないって言われたから,どっちをして良いか分からなかっただけです

うん,そうだね.ちょっと意地悪をしちゃったかな.今のこれは,古典催眠ではないね,エリさんはトランスに入っていることを自覚してないでしょう?

はい,トランスだとは思ってませんよ

うん.でも,大きな意味の催眠と言われればグレーゾーンだな

そうなんですか?

うん.まあけど,今回は古典催眠だから,詳しくは話さないね.とにかく,古典催眠の現象のほとんどは,やろうと思えば自力で起こせる.例え,人格が変わったように演技も出来るし,幻覚を見えるように振る舞うことも出来る

うーん,ちょっと分かりません

そうか.少し詳しく説明しよう.古典催眠で人格を変えたとき,後から聞いても,人格が変わっていたことを覚えているし,その時何をしたかも覚えている.それって,人格が変わってるのかな?

うーん,そうですねえ

例えば,解離性同一性障害(つまり,多重人格なんだけど)では,人格が変わったと言われているときのことを覚えてないんだよ

ビリー・ミリガンとかですよね

うん,さすが心理学部だね.それからすると,人格が変わっていると言えるのかな?

そう言われると,その時のことを覚えているのでは,演技と言われても仕方ないような……

まあ,かかったことのある人の話を聞くと『演技じゃない,実際に動かなくなるんだ』とか『実際に,幻覚が見えるんだ』と言うね.それは,その通りだと思う.そうやって,後から合理化で思いこんでいる気もするけど,実際そう感じていたのだろう.ただ,『○○が出来ない』って暗示に対して,さっきエリさんがいった『○○しようと思えば出来た』と答える人も少なくないね

いや,本当に立とうと思えば立てたんです!!

うん.立てたと思うよ.だけど,立たなかった事実も認めてね.これが,古典催眠をやる上で役に立つと思うから.あと,負の幻覚(○○が見えなくなる)では,面白い実験があってね

なんですか?

簡単に言うと、『見えない』という暗示でも生理的にはちゃんと見えている反応をしているんだ.つまり,脳には,物体があるという信号が来ていると言うことだね.だけど,認識できてない

へえ

あと,正の幻覚(○○が見えるようになる)では,逆のことが言える.網膜にはそんな物は映っていない.つまり,頭の中のイメージなの

よくわかりません

そうだなあ,夢を例に出そうか.夢は,実際にあるものではなくてイメージだよね? そう言った状態を作り出しているのだと考えるね.白昼夢に近いかも知れない

夢ならイメージがわきます.私もたまにリアルな夢を見たりします.あれは,現実とまったく変わりがないですからね

そうそう,そういうものをトランスによって作り出すのが,幻覚なんだね

よくわかりました

古典催眠の仕組み

では,具体的に古典催眠の仕組みについて話していこうと思う

はい

しつこいようだけど『かかる人にしかかからない』というのが前提で話をするよ.駄目な人には,何をやっても駄目.逆に,かかる人なら,そんなに苦労しないと思う

わかりました

古典催眠は,『相手が自覚できるトランスで,暗示行動を起こす』だったね

はい

暗示行動が自覚できるトランスだったりすることもあるから,トートロジーになるかもしれないけど

トートロジー? 森に住んでいる怪物ですか?

……それはトトロ.知らないなら,特に重要でもないからとばして良いよ

はーい.なんか,嫌な感じですけど

本題の古典催眠に関係ないところで,あまり時間を割きたくないからね

わかりました.気を取り直していきます.古典催眠はの定義は,何度も出ましたからバッチリですよ

そうだね.で,色々と分けて考えると分かり易いと思うから,古典催眠を分けて,『相手が自覚できるトランス』にする方法を話していくよ

いよいよ,催眠の技に突入ですね

うん,けど,もう一回まとめさせてもらえるかな?

わかりました.ずいぶんと慎重ですね

うん,慎重にいきたい

すこしまとめ

古典催眠では,『相手が自覚できるトランス』にして『暗示』をして『暗示行動』を起こすんだけど,自覚できるトランスでも,暗示行動が起きないことがある.それは,トランスでの現象に個人差があるから,『暗示行動』にも個人差があるって事ね.そして,暗示行動が起きる人が,古典催眠での催眠にかかる人,そして,沢山の暗示行動が起きる人が催眠のかかりの良い人,と言われる

なるほど

僕なんかは,自覚できるトランスになっても,全く暗示行動は起きない.それは,自己暗示でもそう.けど,トランスだと暗示行動ではないけど,変化が起きやすいのは何となく感じるんだな

へえ,そうなんですか

うん.で,これから『相手が自覚できるトランス』の誘導方法を教えていくんだけど,それがイコール古典催眠ではなくて,その上で『暗示行動』が起きるかどうかが,古典催眠での問題なのね.あと『相手が自覚できるトランス』は,古典催眠でだけではなくて,催眠全般として使えるから,そのつもりで読んでいてね.

なるほど,わかりやすいです.で,どうやるんですか?

では……と思ったけど,今回はここまで.次は『相手が自覚できるトランス誘導』から

「また,良いところで終わるし

まあまあ,次はそこから始まるから,待っててください

はーい

では,また次回

|

« 第二回 暗示行動で古典催眠 | トップページ | 技法の効果 »

爆笑催眠講座」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25633/6436263

この記事へのトラックバック一覧です: 第三回 トトロでトートロジー:

« 第二回 暗示行動で古典催眠 | トップページ | 技法の効果 »