« 風が吹けば桶屋が儲かる論法 | トップページ | 脱催眠論「サイコウにサンコウになる書籍」 »

第五回 凝視法でタイミング

前回のまとめ

前回は,古典催眠の仕組みについて説明したね

はい,錯覚を利用して被暗示性を高めているという説明でした

そうだね.基本はそれでokです.今回は,具体的にどうやるのかを説明していきたいと思います

はい,こころして聞きます


凝視法はどうしよう

これから凝視法という,催眠誘導の技法について説明していきます.それで,分かり易くするために,どんな『体の仕組み(生理的反応)』と『観念運動』を利用しているのか,はっきりさせて行くことにします

わかりました,よろしくお願いします

凝視法は文字通り,何かを見つめさせることによって催眠誘導する方法です.テレビとかだとライタとかを利用しているひとが多いかな.ということで,凝視法の公式です

生理的反応:
一点を見つめると,目が乾いて瞬きが多くなる
見つめている物を少しずつ下げていくことによって,瞼がさがってくる

観念運動:
特になし

暗示文:

「この光をじっと見てください。そう、じっと見ているとまばたきが多くなってき
て。そして、瞼が重たくなってくる。さらに瞼が閉じてきて、完全に閉じるとあなた
は催眠状態になる」

ということで,二つの生理的反応を利用して錯覚を起こします

観念運動は利用していないんですね

そうだね.ある意味,暗示文が観念運動を引き起こしているところもあるけど『イメージすると体が反応する』という所では,使ってないという事にしてきます

はーい

さて,この公式を実際にやってみたとして,上手く行かないことが多いと思う

それは,被験性が低いからとかじゃなくてですか?

うん.これには重要なものが抜けてるんだ

それは何ですか?

それは,タイミングだね

タイミング?

タイミングこそ命

うん.公式通りに何かを見つめさせて,暗示文を読んだところで,タイミングが悪いと意味をなさないんだ

意味をなさない……ですか?

そう.最初に言ったように『生理的反応』を利用しそれを『暗示で引き起こしたように錯覚させる』なんだけど,タイミングが悪いと錯覚しない

なるほど.錯覚させるには暗示を言うタイミングが重要ということですね

そうなんだ.他の古典催眠の誘導でも暗示を言うタイミングというのは非常に重要なんだよ

わかりました.で,どういうタイミングで言えば良いんでしょうか?

そうだね.『被験者の反応が先で,暗示は後』なんだ!!

えっ? 暗示したからそうなるんじゃなくて,反応が先なんですか?

その通り.錯覚させるためだからね.ただ,瞬きをしてから1分後に『瞬きをします』じゃあ,それも意味がないのが分かるかな?

そうですね.それじゃ暗示と反応の関連性が被験者に見いだせませんねよね

うん.だから,反応が起きた直後にその反応を暗示し,さも暗示に反応したように錯覚させるわけ

なるほど

これが基本ね.応用になると,全部が全部そうは行かなくなるけどね

はい

タイミングを見逃さないためには,被験者を良く観察しなきゃだめで,そこには練習が必要かな

なるほど

まあ,結局これで錯覚するひとは3割かそれ以下だけどね

それが,古典催眠の前提ですもんね

そういうこと

まとめ

今回は凝視法について解説しました.特に,暗示のタイミングの重要性が今回の一番のポイントかな

錯覚させるにはどうするのか,が古典催眠では重要みたいですね

そうだね.本当にエリちゃんは優秀だね

ありがとうございます.で次回は何をやるんですか?

次回は何について話そうかな……

えっ? 考えてないんですか?

……

高国さん?

では,また次回(あるかどうかわからないですけど)」

|

« 風が吹けば桶屋が儲かる論法 | トップページ | 脱催眠論「サイコウにサンコウになる書籍」 »

爆笑催眠講座」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25633/7147694

この記事へのトラックバック一覧です: 第五回 凝視法でタイミング:

« 風が吹けば桶屋が儲かる論法 | トップページ | 脱催眠論「サイコウにサンコウになる書籍」 »