« 第五回 凝視法でタイミング | トップページ | 言葉よりも »

脱催眠論「サイコウにサンコウになる書籍」

 催眠から抜け出すためには,催眠を正しく知ることが一番だと思います.私も昔は催眠信者だったのですが,心理学をきちんと勉強したことによって脱催眠できました.しかしながら,世の中に出回っている催眠に関する書籍は,催眠信者が書いたものがほとんどですから,それを読んだとしても,催眠の深みにはまるだけです.なので,ここでは正しい催眠を知るためにおすすめの本を紹介していきたいと思います.
 まず最初におすすめしたいのが,蔵内宏和,前田重治『現代催眠学―暗示と催眠の実際』です.精神科医のお二人が書いた催眠本です.この本の良いところは,コンパクトに催眠の理論的な部分をまとめてあり,またとても読みやすいところです.催眠のかけ方から理論的な部分まできっちりカバーしているので,初心者でもOKでしょう.
 次に紹介したいのが,成瀬悟作著『催眠面接法』です.言わずと知れた成瀬氏による催眠本です.どちらかというと,専門家向けではありますが,内容はすばらしいです.一通り読んで理解できれば,そこら辺の似非催眠専門家なんて目じゃないです.
 どちらの本もおすすめですが,問題点もありまして,どちらも絶版になっていて手に入らない事,40年も前の著書で最新の催眠の話は出てこないこと,最新の情報がない故に,催眠に過度の期待があることでしょうか.それを差し引いても是非読んで欲しい二冊です.

|

« 第五回 凝視法でタイミング | トップページ | 言葉よりも »

脱催眠論」カテゴリの記事

コメント

はじめまして
祖父の本を紹介して頂いてありがとうございます。「現代催眠学―暗示と催眠の実際」の著者(前者)は私の祖父なんですよぉ♪
とても昔の本なのにありがとうございます。掲示板にもあまりにも嬉しくって書いてしまいました。ごめんなさいね。であ♪

投稿: sukubus | 2006/03/13 16:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25633/7311008

この記事へのトラックバック一覧です: 脱催眠論「サイコウにサンコウになる書籍」:

« 第五回 凝視法でタイミング | トップページ | 言葉よりも »