« ミルトン・H・エリクソン書簡集 | トップページ | 第26回エリクソン読書会@名古屋 »

催眠を深化させる

古典的な催眠では、、
催眠とは、相手を催眠状態にすることで
暗示のとおりに行動させる

と、言うように考えています。
しかし、実際に催眠誘導してみると
なかなか暗示のとおりに被催眠者は行動しません
そこで出てくるのが深化です。

古典催眠で深化とは、
暗示に反応する行動の範囲を増やすために、
催眠状態をより深くするための方法

と、言うように考えているようです。
しかし、実際に深化させてみても
なかなか暗示のとおりに被催眠者は行動しません

催眠が上手くなればなるほど共感してもらえると思いますが、
催眠の深さなんてのは、あんまり関係なくて、
もっと違う要因が暗示のとおりに
行動させているのではないか?

という疑念があります。

しかし、とりあえず深化させておけばokみたいな、
安易な催眠者が多いように感じます。
催眠状態には深さがあって深ければ
より多くの暗示に反応する

定説になっているようですが、
一度疑ってみる必要があるのでは?

|

« ミルトン・H・エリクソン書簡集 | トップページ | 第26回エリクソン読書会@名古屋 »

サイミンサイコウ」カテゴリの記事

コメント

暗示のとおりに行動してもらえないのは、施術者がそのように思っているからです。
ただそれだけのこと。

催眠暗示に自信がなかったら、そのように行動してもらえないのは当たり前のことです。

投稿: 坂田和彦 | 2009/04/11 16:11

>坂田和彦さん
すごいシンプルな考え方ですね。
仮説としては面白いと思います。

ただ、私は催眠が上手くなってから
確実な自信をもって暗示を入れても
そのとおりにならなかったことがあります。
その時は、こころから自信がありました。
これは、間違いありません。
なのに失敗したのですから、
坂田さんの仮説とは違っていますよね。

これを、坂田さんが結局
「自信がなかった」といわれるなら、
自信とはどうやって分かるのでしょうか?
もし、自信があるかないかは
暗示が上手くいくかどうかで分かるのであれば、
坂田さんの仮説は、反証不可能なので
仮説として採用できません。
どうなんでしょうね。
私には良くわかりませんが・・・・・・。

投稿: 京助 | 2009/04/11 19:48

読書会、参加したいのですが、なかなか都合がつかなくて・・
六月からは開業しますのでもしかしたら参加できるかもしれません
・・

催眠を深化させると、暗示への反応性は高くなるのは確かですが、
でも、結局それは被催眠者が反応できることに限られるということでしょうか・・
反応するもしないも、被催眠者次第というか・・

催眠誘導はやったことがないし、良くわからないですけど・・


投稿: イソ | 2009/04/12 09:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25633/44590342

この記事へのトラックバック一覧です: 催眠を深化させる:

« ミルトン・H・エリクソン書簡集 | トップページ | 第26回エリクソン読書会@名古屋 »