催眠を深化させる

古典的な催眠では、、
催眠とは、相手を催眠状態にすることで
暗示のとおりに行動させる

と、言うように考えています。
しかし、実際に催眠誘導してみると
なかなか暗示のとおりに被催眠者は行動しません
そこで出てくるのが深化です。

古典催眠で深化とは、
暗示に反応する行動の範囲を増やすために、
催眠状態をより深くするための方法

と、言うように考えているようです。
しかし、実際に深化させてみても
なかなか暗示のとおりに被催眠者は行動しません

催眠が上手くなればなるほど共感してもらえると思いますが、
催眠の深さなんてのは、あんまり関係なくて、
もっと違う要因が暗示のとおりに
行動させているのではないか?

という疑念があります。

しかし、とりあえず深化させておけばokみたいな、
安易な催眠者が多いように感じます。
催眠状態には深さがあって深ければ
より多くの暗示に反応する

定説になっているようですが、
一度疑ってみる必要があるのでは?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

本物は分からないし地味

先日、エリクソン催眠誘導の講座を開催しました。
エリクソン催眠の基礎となる部分のワークを徹底的に
時間をかけて何度もやりました。
それを見ていて思ったのは、
エリクソン催眠が上手くなると、
ほとんど失敗しないしほとんどの相手を
トランスに導くことはできるようになるが、
その誘導じたいは派手なモノではなく
とても地味になってしまうと言うことです。

実際、エリクソンの催眠誘導動画を見ても
エリクソンは、一見すると只話をしているだけ
にしか見えず、それだけで相手はトランスに
入っていってしまいます。
分かる人が見れば、エリクソンは
とても慎重に様々なアプローチをしているのですが
ほとんどの人にはそれが分からないでしょう。

この、一見すると話をしているだけなのに
実は慎重に相手を見ながら言葉を選び
タイミングを選び働きかける
というすごさを伝える事は
とても、難しいなと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

考えてみる2

続きです。

もうひとつの実例は、
催眠のオフ会での出来事です。
ある人が、催眠誘導をしていました。
そして、催眠誘導をされた人はとてもよく反応して
催眠者の言うなりになっていました。
確実に催眠状態であったといえましょう。
そこで、私は隙を見て「あなたは、立てなくなります」
と暗示しました。しかし、その人は立てました。
私の催眠が下手だったからかもしれません。
しかし、催眠状態であれば暗示が通るというのは
実のところそれだけではないことが
この実例からわかります。

催眠という現象は間違いなくあるんですけど、
どうしてそうなるのか、とか、どうやったらなるのか
という説明の部分は、間違っているものが
世間に出回っているように思います。
ちょっと、考えて、ちょっとやってみれば
すぐにわかることなんですから、
催眠ができる人は、催眠の理論が本当に正しいか
いろいろと試してみるとよいかもしれませんね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

考えてみた1

催眠について考えてみました。

一般的に言われている催眠の基本的な考えは、
催眠は、催眠状態に誘導されていることである。
そして、その状態で暗示を言われると
その通りに行動してしまう、という二つに
集約されていくのではないかと思います。
そして、多くの人は、どうやって誘導や暗示をするか
というテクニックの部分に興味があって、
その前提が正しいかどうかを考えている人は
少ないように感じます。
そこで、昔、僕が実際にやった簡単な実験というか
実例でそれについて考えてみました。

催眠状態であれば、暗示のとおりになる。
そして、テレビや映画を見て集中しているときは
トランス状態、つまり催眠状態であると。
よく言われていますよね、催眠状態は
誰もが日常で経験していると。
そこで、テレビに集中している友人に
私が暗示を言ってみました。
それは催眠の中では、一番簡単だと言われている
筋肉硬直の暗示です。
「腕が固まって動かせなくなる」と。
しかし、友人の腕は動きました。
ちなみに、この友人は普通にやれば
味覚変化までかかる被催眠性をもっています。

この実例からは、テレビや映画に集中しているとき、
は決して催眠状態ではないかもしれないということ
が考えられます。
ま、私の催眠が下手なのかもしれないですけどね。

長いので続きまず。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

被催眠者の答える理由

催眠誘導をして、
被催眠者に何らかの暗示を与えると、
被催眠者は暗示の通り行動をします。
その時、催眠者に行動した理由を尋ねると
答えてくれることがほとんどですが、
その内容はまったく信用なりません。

例えば、窓を開けたくなる
という暗示をしたあと、
何故窓を開けたのかを聞くと、
「暑かったから」や
「空気の入れ換えをしようと思って」
などと言いますが、
基本的にこじつけです。
何故、そう答えるかという所は、
催眠の本質があるのですが、
それは置いておいて、
とにかく、催眠での証言というのは、
多くの場合、信用ならないのです。
それを、信じちゃう催眠者は、
催眠について理解してないという
ことを自ら言っているようなものだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

催眠のかかりやすさ

催眠では一般的に、かかりやすい人とかかりにくい人とがいるとされています。
被催眠性や被暗示性と呼ばれたりしますが、
現代催眠の方法論を知ってから、その存在意義に疑問を持っています。
エリクソンが行った催眠を知っていくと、
ほとんどの人が催眠に入ることができることが体感できます。
所謂古典的な催眠で、催眠のかかりやすさが問題になるのは、
その方法が、どんなに幅を持たせても公式的で、
それに合わない人は誘導されない訳です。

どんなに、現代催眠、エリクソン催眠を取り入れた古典催眠でも
基本哲学として、催眠のかかりやすさを仮定している時点で、
やはり限定的なわけです。

催眠という方法は、ある程度の公式化は出来ますが、
もっと自由なんだけれども、それを使いこなせている人は
ほとんど居ないなあと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カタレプシー

先日紹介したばかりのブログ、「徒然なる催眠以前」で
おもしろいエントリーがあったので、同じ話題で書きたいと思います。

実はカタレプシーについて、
書こう書こうと思っていた所なのでした。
そのポイントは、古典催眠で言われているカタレプシーと
一般的なカタレプシーは実は違うのです。
というか、古典催眠で言われているカタレプシーというのは、
多分、誰かが催眠の本とかを読んで、間違って理解したのが
広まってしまったのだと思います。

さて、その間違ったカタレプシーの正体は、
催眠による運動支配です。カタレプシーではありません。
運動支配は、催眠の現象としては多くの人が起きるもので、
誘導初期に使われるものです。

では、本当のカタレプシーは催眠と関係ないのでしょうか?
実はそうではありません。催眠誘導のきっかけとしては、
本来の意味でのカタレプシーも使われます。
例えばエリクソンは、カタレプシーの誘導を使っています。

古典催眠でのカタレプシーは、間違った使い方であるのですが、
多くの人催眠術師は、それをカタレプシーだと思っていて
しかし、本来の意味でのカタレプシーも催眠誘導で使われている。
という、訳の分からない状況になっています。

ただ、言葉というものは日々変化していくものなので、
催眠でのカタレプシー=簡単な運動支配に変わっていくのは、
仕方がないことかもしれません。
しかし、せめてブログ「徒然なる催眠以前」に書かれているように

カタレプシーとは、外から与えられた姿勢を変えられないことでした。
一般的なカタレプシーと古典催眠のカタレプシーはちょっと違います。
古典催眠のカタレプシーは単純に姿勢が変わらないだけではありません。
それは古典催眠では運動支配になります。

これくらいの知識は持っていて欲しいし、
違うんだという事を知って使って欲しいと感じます。
催眠誘導の多くの部分は、言葉が占めるというのに、
こういった言葉に関しては、鈍感な催眠術師が
多くいるというのが私の感想です。

ちなみに、エリクソンが使ったカタレプシーを誘発し
催眠誘導する方法で、私は今まで失敗したことがありません。
というか、カタレプシーを誘発出来なくても、
も相手にそれが失敗だとは絶対に思われない誘導方法なので、
結果として催眠誘導に失敗することがないのです。
これを、使える催眠術師の人を私は見たことがありません。
ただ、テクニックとしてよりも、何故この方法が有効なのか
その意味を理解することの方が重要なのです。

そういった観点から、紹介したブログは、
テクニックが意味をなす理由について理解しているように
私には思えます。そして、それを言葉にして説明する
のが上手いなと思いました。

カタレプシーの説明
http://www.s3wam.net/mental-health/glossary/gl_xcont13.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雰囲気とか自信とか。具体的に言うと?

催眠誘導の重要事項に置いて、
雰囲気とか自信をあげる催眠術師は多いです。
これ、本当にその通りで、
催眠誘導には、雰囲気とか自信がとても大事です。
催眠が上手くできない人の原因の多くもここにあります。
しかし、私は雰囲気とか自信というものを
もっと具体的に説明することができます。

雰囲気とか自信が大事だと説く催眠術師の人に、
「具体的に雰囲気って何ですか?」と聞いたことがあります。
すると「言葉では表現することがむつかしい部分です」
と答えました。
しかし、私はその雰囲気や自信というものを
具体的な行動で描写することができます。
そして、どうして雰囲気や自信が大事であるかも
説明することができます。
多くの催眠術師の人が、曖昧な言葉を使って
催眠の説明をしているように思います。
そして、具体的なことを問うても、
言葉にできないと答えるのです。
けれども、実際問題は言葉にできないのは、
本人の能力の問題であって、
それを棚に上げている人を多く見かけます。

なので、催眠術師を見分ける方法として
曖昧な言葉使ったら、「具体的にはなんですか?」
と質問して、それにきちんと答えられる人は、
少なくとも真摯であると言えるのではないでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

催眠と注意

催眠に必要な条件として、何かに集中していることがあげられることがあります。
しかし、過去それについて心理学的な研究をした結果、
必ずしもそうでもない、というような結果もあるのです。
つまり、簡単に言うと催眠中は注意が一点にある訳ではないという事なのです。
ちょっと簡単すぎますが……。
例えば、催眠中は集中力が増しているのなら、何かの課題に対して
通常よりも成績が良くなるはずです。
勉強に集中していれば、勉強がはかどるのと同じ原理ですね。
しかし、催眠中に簡単な暗算をやってもらった結果、
彼らの成績は覚醒時よりも悪かったという研究があります。

催眠という現象は、未だに分からない部分が多いのですが、
それにしても、催眠のプロが、こういった過去の議論を知らないというのは、
怖いなあと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

催眠暗示と暗示

催眠において、言葉というのはとても重要なものです。
なので、催眠をやる人は言葉に敏感である人が多いです。
しかし、言葉について敏感な催眠術師の人も、
催眠自体の意味や、催眠の用語に関しては言葉を濁します。

例えば、暗示というものがありますが、
これはかなり限定的な意味を持った言葉でした。
しかし、催眠のwebページをみると、
「世の中暗示であふれています」
というような事が書かれています。
何でも拡大解釈する傾向があるようです。

他には、「催眠状態は日常的に誰でも体験しています」
と、良く書かれていますが、これはトランス状態の事であって、
催眠状態のことではありません。
トランス状態であるからといって、催眠にかかるわけでは決してありません。
確かめるのは、簡単です。テレビや映画に集中して、
トランス状態になっている人に、催眠だとは言わずに暗示を言ってみて下さい。
けっして、その通りにはなりません。

あとは、「世の中には催眠があふれている」などといって、
様々なものを催眠に仕立て上げている人がいます。
例えば、テレビコマーシャルは催眠である。
交渉は催眠である。思いこみすら催眠である、
コミュニケーションは催眠である。
といったような、むちゃくちゃな事を言います。

あえてやっているのかは分かりませんが、
兎に角、催眠に関する用語はめちゃくちゃな使われ方をしているようです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧