第六回 ○△□で公式

前回のまとめから

こんにちはエリちゃん,久しぶりですね

こんにちは高国さん,ホント久しぶりですよ.何してたんですか?

いやあ,僕も忙しくてねえ.忙しいという漢字は”心”を”亡くす”と書くけど,どんなに忙しくても心は亡くしたくないよねえ

私,その元ネタ知ってますよ……

格好良く決めようと思ったのに,失敗だ……

残念でした

さて,前回は凝視法の解説でしたね.一点を見ていると目が疲れてくるという性質を使って,それを暗示で起きていると錯覚させる.さらに,暗示のタイミングが大事で,暗示は反応が起きてすぐに言うということでした

はい.私実際試してみましたけど,確かにまぶたは閉じてきましたよ

そうだね.この方法を良く使われるのは,それだけ強力だということなんだ.それで,その相手は催眠にかかったのかな

いえ,目を閉じた時点でやめちゃいました.なんだか,ちょっと怖かったので

そうだね,最初に催眠が成功するとそう感じる人もいるだろうね

はい.それに,催眠を使ってやりたいことも,私にはないので

うん.わかった.それで,今回は誘導方法をもうちょっと解説しま

はい

まるさんかくしかく

前に解説したように,当たり前に起きる反応を使って,それを暗示で起きていると錯覚させるのが催眠の基本です.とは言っても,きっかけはそれで良いとして,そのあとどうするのかがわからない人が多いみたいです

そうですね,私も相手の目が閉じてきて,それでその後どうすれば良いのかわかりませんでした

うん.そこで,催眠をやっているときの基本的な公式を教えたいとおもいます

はい,楽しみです

名づけて『まるさんかくしかく法』!! なんか格好良い響きの名前にしてみました

名前なんてどうでも良いですけどね

なんか,笑顔でキツイ事言うねえ

そうですかあ?

うん…….まあ良いさ.これは,三つのパートからできています.先ずは,「○と□」そして「○」最後に「□」です

まったく意味がわかりません

これで理解したら,こっちもびっくりですが.最初の「○と□」ですが,よく催眠術師が言うせりふ「○○○○すると□□□□になる」というところからきてます.例えば,「1,2,3と数える”と”あなたは立てなくなります」とかですね.この暗示は,普通の会話からしたらかなりおかしいですよね.数を数えることと立てなくなることとは,まったく関係ないでしょう

そうですね.かなり突飛な感じです

そう.その突飛な事をするのが催眠なわけです.前に説明した,錯覚させる誘導法で,まったく関係ないことも暗示で起こせることができるようになる.そのときに,先ずは「○と□」で相手に何をするか予告することが大事なんです.予告することによって被催眠者は,その暗示される行動をしやすくなります

そうなんですか.なるほど

そして,「○」の説明ですが,わかりますよね

はい.予告しておいた事を実行することによって,被催眠者に合図を与えるわけですね.さっきの例なら「1,2,3」って数を数えるとか.そして,被催眠者に「□」が起きるわけですね

そうだね.全部説明してもらっちゃったね.ここで,○の部分は何でもokです.指を鳴らしても,手をたたいても.また,「○と□」は,「○○すると××なる」という文章以外でも可能です.例えば,「私は手から気を出せます」と催眠にかかっている相手に言えば,それは気功を知っている人間なら「私が気をだすしぐさをする”と”あなたは反応します」という「○と□」になりま

なるほど.直接的に言わなくても相手に伝われば言い訳ですね

そうです.実はそれは,現代催眠的の関節暗示とも言えますね

そのまま,間接的に暗示するわけですね

そういうこと.これが催眠の公式なわけだ

はい,理解しました


公式にあてはまらないもの

公式なので,どの催眠もあてはまります

そうなんですか

うん.間接的にやると「○と□」がわかりづらいこともありますが,絶対にこの構造が働いています

絶対ですか

いや,絶対ではありません

えっ? 矛盾していませんか

絶対と言いきりたいところだけど,誘導をこれで全部説明できるかといえば自信がないかな

じゃあ,このページで募集しましょうよ

そうだね.まるさんかくしかく法では説明できない誘導をしました.という方一報ください.いろいろ考えてみたいと思います

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第五回 凝視法でタイミング

前回のまとめ

前回は,古典催眠の仕組みについて説明したね

はい,錯覚を利用して被暗示性を高めているという説明でした

そうだね.基本はそれでokです.今回は,具体的にどうやるのかを説明していきたいと思います

はい,こころして聞きます


凝視法はどうしよう

これから凝視法という,催眠誘導の技法について説明していきます.それで,分かり易くするために,どんな『体の仕組み(生理的反応)』と『観念運動』を利用しているのか,はっきりさせて行くことにします

わかりました,よろしくお願いします

凝視法は文字通り,何かを見つめさせることによって催眠誘導する方法です.テレビとかだとライタとかを利用しているひとが多いかな.ということで,凝視法の公式です

生理的反応:
一点を見つめると,目が乾いて瞬きが多くなる
見つめている物を少しずつ下げていくことによって,瞼がさがってくる

観念運動:
特になし

暗示文:

「この光をじっと見てください。そう、じっと見ているとまばたきが多くなってき
て。そして、瞼が重たくなってくる。さらに瞼が閉じてきて、完全に閉じるとあなた
は催眠状態になる」

ということで,二つの生理的反応を利用して錯覚を起こします

観念運動は利用していないんですね

そうだね.ある意味,暗示文が観念運動を引き起こしているところもあるけど『イメージすると体が反応する』という所では,使ってないという事にしてきます

はーい

さて,この公式を実際にやってみたとして,上手く行かないことが多いと思う

それは,被験性が低いからとかじゃなくてですか?

うん.これには重要なものが抜けてるんだ

それは何ですか?

それは,タイミングだね

タイミング?

タイミングこそ命

うん.公式通りに何かを見つめさせて,暗示文を読んだところで,タイミングが悪いと意味をなさないんだ

意味をなさない……ですか?

そう.最初に言ったように『生理的反応』を利用しそれを『暗示で引き起こしたように錯覚させる』なんだけど,タイミングが悪いと錯覚しない

なるほど.錯覚させるには暗示を言うタイミングが重要ということですね

そうなんだ.他の古典催眠の誘導でも暗示を言うタイミングというのは非常に重要なんだよ

わかりました.で,どういうタイミングで言えば良いんでしょうか?

そうだね.『被験者の反応が先で,暗示は後』なんだ!!

えっ? 暗示したからそうなるんじゃなくて,反応が先なんですか?

その通り.錯覚させるためだからね.ただ,瞬きをしてから1分後に『瞬きをします』じゃあ,それも意味がないのが分かるかな?

そうですね.それじゃ暗示と反応の関連性が被験者に見いだせませんねよね

うん.だから,反応が起きた直後にその反応を暗示し,さも暗示に反応したように錯覚させるわけ

なるほど

これが基本ね.応用になると,全部が全部そうは行かなくなるけどね

はい

タイミングを見逃さないためには,被験者を良く観察しなきゃだめで,そこには練習が必要かな

なるほど

まあ,結局これで錯覚するひとは3割かそれ以下だけどね

それが,古典催眠の前提ですもんね

そういうこと

まとめ

今回は凝視法について解説しました.特に,暗示のタイミングの重要性が今回の一番のポイントかな

錯覚させるにはどうするのか,が古典催眠では重要みたいですね

そうだね.本当にエリちゃんは優秀だね

ありがとうございます.で次回は何をやるんですか?

次回は何について話そうかな……

えっ? 考えてないんですか?

……

高国さん?

では,また次回(あるかどうかわからないですけど)」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第四回 山場で頂上

前回のまとめから

さて,前回は古典催眠について色々と解説したね

はい,おもしろかったです

うん,じゃあ,少しまとめてから本題の『古典催眠のかけ方』にはいるよ

わかりました

古典催眠は,『相手が自覚できるトランスで暗示行動を起こす』という物で,それを『古典催眠にかかる』と言う.それで,古典催眠にかかる人ってのは,3割くらいだと言われている.あと,見た目には操っているように見えるけど,効果は短期な事が多いし,かかっている本人は何をしているのかはっきりと分かっている

人格変換や,幻覚についても,おもしろい説明をして貰いました

そうだったね.それで,今回は『相手に自覚して貰うトランス』の誘導の仕方だね

はい

自覚トランス誘導

トランスは誰でもそう言う状態になることが出来るけど,自覚できる物とそうじゃないものがあると言ったよね

はい,そうでした

まあ,普通に生活していたら,『これがトランスだ』と思うことはないかもしれない.ただ,名前がトランスじゃないだけで,同じ事をしていることもあるね.例えば,瞑想とかかな

なるほど.そうですねえ.私がいままでに『これがトランスだ』と自覚していたことはないと思います.前にこの講座で,映画を見ているときがトランスだと言われて,そうだったかもと思える感じです

普通はそうかもしれないね.だから,自覚トランスは大抵の人が初めて体験する事かも知れない.そこにちょっと自覚トランス誘導のむつかしさがあるかも知れないね

なるほど

うん.明らかにトランス状態になっているけど,本人が気づいていないことが催眠をやっていてある.それを気づかせることも催眠誘導であるともおもうけどね

なるほど

では,自覚トランスと古典催眠における催眠状態という事を説明しようか

はい

わかりづらいから図で説明

古典催眠は,『自覚トランスと暗示行動』だったけど,ここでまた一つ注意しないといけないのが,自覚トランスになったら,必ず暗示行動が起きるかといえば,そうではない

え? どういうことですか?

前にも言ったけど,トランスになって起きる現象には個人差がある.古典催眠では,暗示行動が起きないといけないから,そういう現象が起きる自覚できるトランス状態でないといけないわけ

もう,混乱してきましたよ

わかったわかった.図にまとめて見よう

図1

つまり,今回は古典催眠だから,自覚できるトランスで尚かつ暗示行動が起きる場合を話してるわけだね

すっきりしました

うん,で被暗示性の亢進について話そう

具体的な方法はまだですか……

もうちょっとつき合ってくださいな

はーい

被暗暗示性の亢進

被暗示性というのは,暗示に対して反応する度合いだと思って欲しい.本当は種類があったりするけど,ここでは単純に考える事にするよ

はい,催眠ショーとかでの『○○になります』みたいな暗示に反応する度合いですね

そう,で結局古典催眠は被暗示性を高めることが目的なんだな

なら,最初からそう言ってください

そうなんだけど,やっぱりトランスとも関わってくるし,省略も出来ないさ.まあ古典催眠とか催眠術だけに興味がある人に説明するときは『被暗示性の亢進』で良いと思う.けど,この講座は催眠術講座ではなくて,催眠全般を扱ってるからね

なんか,言い訳くさいですけど…….良いですよ,早く進めましょう

う,うん…….暗示に反応しやすくすると,ショーみたいに『○○になります』という暗示の通りに行動するんだけど,それをどうやって起こしているのか,その仕組みを言うよ

はい

帰属錯誤

被暗示性の亢進のために使う物に,『帰属錯誤』というのがある

それ,聞いたことありますよ! 心理学の講義で出てきました!

そうだね,心理学の話だけど,普通の人にもなじみのある例があるからそれをだすよ

知ってます.『吊り橋効果』ですよね?

おっと,さすがだね.これは,恋愛に心理学を応用するいう時に良く出てくる.吊り橋で告白すると成功率が高くなるって理論だね.これが『帰属錯誤』なんだ

私に解説させてくれませんか?

良いよ

吊り橋は不安定な場所だから,怖くて心臓がドキドキするんですよね.そして,そのドキドキの原因を,一緒にいる相手だと錯覚してしまう事があるのです.ちなみに吊り橋じゃなくても,ドキドキする状況なら応用可能です

そうだね.ドキドキの原因を吊り橋ではなく,一緒の相手だと勘違いする.これを応用して,被暗示性を亢進させるんだ

どうやってやるんですか?

うん,それには体の仕組みと観念運動について話さないといけない

まだ,話が続くんですかあ?

いや,体の仕組みと観念運動は,もう古典催眠の誘導そのものだよ

そうなんですか,じゃあ,早速教えてください

うん,わかった

体の仕組み

エリさん,そこの椅子に座ってくれるかな.

はい

背もたれに背中をきちんとつけて,足をそろえて座って

こうですか

そうそう,僕がおでこに指をおくと立てなくなるよ.立ってみて

……あれ,立てない

うん.立てないね.どうしてだか知ってる?

わかりません

これは,立つときには体重を前に移動しなきゃ駄目なんだけど,それをできないようにするから立てなくなるんだよね

へえ,そうなんですか

うん.他に指の開閉も体の仕組みでそうなってしまう現象なんだよね

指の開閉?

写真で説明しよう

写真

なるほど

こういった体の仕組みを知っていたら,あまり被暗示性は高くならないよね.逆にトリックだって分かってしまうから,かかりづらくなると思う

そうですね.知ってしまうと『なーんだ』って感じです

観念運動

観念運動は,『イメージすると体が反応する』という物だね

と,言われても分かりません

有名なのは,『梅干しを想像するとつばが出る』だね

それは,わかりますよ

他には,催眠術のイメージで良く出てくる『振り子』もこれなんだよね

へえ,そうなんですか

うん.詳しい仕組みは省略して,とにかくイメージすると体は反応するんだ.それを利用して被暗示性を高めていくね

なるほど

まとめ

古典催眠の基本は,体の仕組みと観念運動という,当たり前に起こる現象を,暗示によって起こさせるように,勘違いさせる.その勘違いは,心理学の『帰属錯誤』という心理学の理論を使うわけ

なるほど.分かったようなきがします

うん.これで古典催眠のついての説明は一山こえたから,次回は細かい技法について書いていくよ

楽しみにしています

| | コメント (0)

第三回 トトロでトートロジー

古典催眠でやりたいこと

taka
じゃあ,今回は古典催眠一色で行くよ



eri
はい,楽しみです



参考テキストとして,ここら(http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/tg/listmania/list-browse/-/364ZVJSTVJLQJ//249-4715010-0426757)へんの本を参考にして貰いたい.無くても分かるように説明していくつもりですが,他の本を読むと理解が深くなると思います

私は,京助さんのテキストを読みました

そうですか.まあ,予備知識はどうであれ分かり易く説明していくつもりです.ところで,エリさんが古典催眠を使えるようになったら,どんなことがしたいかな?

催眠ショーの術師になる? けど,そんなことはしたくないな.友達にかけて遊ぶ? というのも,なんだか友達から変人と思われそうだし

そうだね,催眠への誤解は大きいからね.他には何かあるかい?

うーん.彼氏を思いのままに操る? けど,そんなこと出来るのかな?

『思いのまま』の内容によるかな.具体的にはどんなこと?

えー,私の行きたい場所にデートにつれていってくれるとか……

彼氏にそれを普通に頼んでも,連れて行ってもらえないの?

いえ,そんなことないですよ.いきなり明日沖縄に連れて行け,と言ったら無理かも知れませんけど

そうだね.彼氏もエリさんのことが好きだから,いろいろと実現しようとしてくれるよね.ただ,お金も時間も必要で,そもそも実現不可能なことは,催眠だろうと無理だよね

そうですね.私は,あまり古典催眠でしたいことなんてないかもしれないです

わかった.じゃあ,古典催眠で出来ることを話そうか

はい

古典催眠で出来ること

古典催眠で出来ることもたくさんある.ただ気をつけなきゃいけないこともあるね.それは,前回話したけど覚えているかな?

えっと,古典催眠は限界があるんでしたよね

そうだね.大抵の暗示は,すぐに効果が無くなってしまう.それに,かかる人が限られているって事だ.それをふまえて,かかる人はどういう現象が起きるのかを箇条書きにしてみるね

・運動支配(腕が動かない,立ち上がれない)
・感覚支配(味が変わる)
・感情支配(笑いが止まらない,誰かを好きになったように感じる)
・記憶支配(人格が変わる)

なんだか,すごいじゃないですか.人格が変わっちゃうんですか?

正確に書くと『人格が変わったように振る舞う』ということだね.何故,そう振る舞っちゃうのかというと,トランスになっていてるからなんだね

じゃあ,本当に人格が変わったわけではなくて,演技と言うこと?

そう思って貰ってかまわない.ただ,人格って何なのかはっきりさせないと,人格が変わったかどうかわからないよね.そういうむつかしい話は,心理学の専門家に任せて,ここでは,簡単にいくよ.

そうですね,人格って何なんでしょうね.私は,心理学を勉強していますが,良くわかってません

うん,まあそれは置いておいて.で,これらの現象は,すべて自分でやろうと思えば出来るよね.つまりエリさんに,立ち上げれないようにしてみて,って今頼んだらエリさんは,どうする

えっ? 別に良いですよ,たいしたことじゃないですから

そうかい.じゃあ,君は今立ち上がれないようになったわけだね.そして,今度は立ってみてくれるかな?

えっ? 立って良いんですか? 立ち上がれないんじゃないんですか?

……

何で何も言わないんですか? どうしたら良いんですか?

……

……

とまあ,君は立ち上がらなかったから,古典催眠にかかっていたね

何言ってるんですか,私は立ち上がろうと思えば立ち上がりました.ただ,その前に立ち上がれないって言われたから,どっちをして良いか分からなかっただけです

うん,そうだね.ちょっと意地悪をしちゃったかな.今のこれは,古典催眠ではないね,エリさんはトランスに入っていることを自覚してないでしょう?

はい,トランスだとは思ってませんよ

うん.でも,大きな意味の催眠と言われればグレーゾーンだな

そうなんですか?

うん.まあけど,今回は古典催眠だから,詳しくは話さないね.とにかく,古典催眠の現象のほとんどは,やろうと思えば自力で起こせる.例え,人格が変わったように演技も出来るし,幻覚を見えるように振る舞うことも出来る

うーん,ちょっと分かりません

そうか.少し詳しく説明しよう.古典催眠で人格を変えたとき,後から聞いても,人格が変わっていたことを覚えているし,その時何をしたかも覚えている.それって,人格が変わってるのかな?

うーん,そうですねえ

例えば,解離性同一性障害(つまり,多重人格なんだけど)では,人格が変わったと言われているときのことを覚えてないんだよ

ビリー・ミリガンとかですよね

うん,さすが心理学部だね.それからすると,人格が変わっていると言えるのかな?

そう言われると,その時のことを覚えているのでは,演技と言われても仕方ないような……

まあ,かかったことのある人の話を聞くと『演技じゃない,実際に動かなくなるんだ』とか『実際に,幻覚が見えるんだ』と言うね.それは,その通りだと思う.そうやって,後から合理化で思いこんでいる気もするけど,実際そう感じていたのだろう.ただ,『○○が出来ない』って暗示に対して,さっきエリさんがいった『○○しようと思えば出来た』と答える人も少なくないね

いや,本当に立とうと思えば立てたんです!!

うん.立てたと思うよ.だけど,立たなかった事実も認めてね.これが,古典催眠をやる上で役に立つと思うから.あと,負の幻覚(○○が見えなくなる)では,面白い実験があってね

なんですか?

簡単に言うと、『見えない』という暗示でも生理的にはちゃんと見えている反応をしているんだ.つまり,脳には,物体があるという信号が来ていると言うことだね.だけど,認識できてない

へえ

あと,正の幻覚(○○が見えるようになる)では,逆のことが言える.網膜にはそんな物は映っていない.つまり,頭の中のイメージなの

よくわかりません

そうだなあ,夢を例に出そうか.夢は,実際にあるものではなくてイメージだよね? そう言った状態を作り出しているのだと考えるね.白昼夢に近いかも知れない

夢ならイメージがわきます.私もたまにリアルな夢を見たりします.あれは,現実とまったく変わりがないですからね

そうそう,そういうものをトランスによって作り出すのが,幻覚なんだね

よくわかりました

古典催眠の仕組み

では,具体的に古典催眠の仕組みについて話していこうと思う

はい

しつこいようだけど『かかる人にしかかからない』というのが前提で話をするよ.駄目な人には,何をやっても駄目.逆に,かかる人なら,そんなに苦労しないと思う

わかりました

古典催眠は,『相手が自覚できるトランスで,暗示行動を起こす』だったね

はい

暗示行動が自覚できるトランスだったりすることもあるから,トートロジーになるかもしれないけど

トートロジー? 森に住んでいる怪物ですか?

……それはトトロ.知らないなら,特に重要でもないからとばして良いよ

はーい.なんか,嫌な感じですけど

本題の古典催眠に関係ないところで,あまり時間を割きたくないからね

わかりました.気を取り直していきます.古典催眠はの定義は,何度も出ましたからバッチリですよ

そうだね.で,色々と分けて考えると分かり易いと思うから,古典催眠を分けて,『相手が自覚できるトランス』にする方法を話していくよ

いよいよ,催眠の技に突入ですね

うん,けど,もう一回まとめさせてもらえるかな?

わかりました.ずいぶんと慎重ですね

うん,慎重にいきたい

すこしまとめ

古典催眠では,『相手が自覚できるトランス』にして『暗示』をして『暗示行動』を起こすんだけど,自覚できるトランスでも,暗示行動が起きないことがある.それは,トランスでの現象に個人差があるから,『暗示行動』にも個人差があるって事ね.そして,暗示行動が起きる人が,古典催眠での催眠にかかる人,そして,沢山の暗示行動が起きる人が催眠のかかりの良い人,と言われる

なるほど

僕なんかは,自覚できるトランスになっても,全く暗示行動は起きない.それは,自己暗示でもそう.けど,トランスだと暗示行動ではないけど,変化が起きやすいのは何となく感じるんだな

へえ,そうなんですか

うん.で,これから『相手が自覚できるトランス』の誘導方法を教えていくんだけど,それがイコール古典催眠ではなくて,その上で『暗示行動』が起きるかどうかが,古典催眠での問題なのね.あと『相手が自覚できるトランス』は,古典催眠でだけではなくて,催眠全般として使えるから,そのつもりで読んでいてね.

なるほど,わかりやすいです.で,どうやるんですか?

では……と思ったけど,今回はここまで.次は『相手が自覚できるトランス誘導』から

「また,良いところで終わるし

まあまあ,次はそこから始まるから,待っててください

はーい

では,また次回

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第二回 暗示行動で古典催眠

前回の話から

taka前回は,この講座での催眠について,そして,変化を起こすためには,相手との関係,状況が大事だと言うこと.そしてトランスとについて話をしたねeri

はい,トランスになることは,誰でも可能だけど,どんな現象が起きるかは個人差があるという事でしたね

そう,それは重要な事だった.トランスになったら,必ず変化が起きるとは限らないって事だね

わかりました.で今回は何の話ですか?

催眠の分類

今回は,先ず催眠の分類から始めようと思う

催眠の分類ですか?

そう.催眠と言っても,人によってとらえ方が全く違って,議論にならないことが多々ある.それは,それぞれが催眠について独自の考えをもっているからなんだけど,それを大きく分けてみたいと思う

はい,どういう分類ですか?

うん,色々な視点があると思うけど,ここでは,古典催眠と現代催眠という枠組みで考えてみたいと思う

古典と現代ですか? なんだか,芸術みたいですね

まあ,出来た時代が古い物と新しい物ということで,分けやすいんだよね.他にも分け方はあるだろうけど,この講座では大まかに二つに分けて話していくよ

わかりました.先ずはどちらから?

もちろん,古典催眠からだね


古典催眠

催眠というのに限定すると,トランスを使った変化は,エジプトから使われていたと言われるけど,古典催眠という話にすると,19世紀のメスメルという人からと言う事になるかな

催眠は,昔から使われていて,古典催眠は19世紀からですか?

うん,それくらい『催眠』という物は,広い意味を持つからね.それについても,そのうち話そうと思うよ

わかりました.で,古典催眠はメスメルが始まりだと

うん.メスメル自体は催眠だと思ってなかっただろうけど,今から見れば古典催眠そのものだったと思う

それで,古典催眠って何なんですか?

そうだね,それを話さないと分からないよね.この講座での古典催眠は『相手がトランスだと気づく状態で,暗示行動を引き起こす催眠』と考えることにする

相手がトランスだと気づく状態で? ですか

うん.前回に話したけど,トランスには大きく二つあって,自分がトランスだと自覚する物と自覚しない物がある

はい,映画を例に説明して貰いました

そうそう,映画の話をしたね.古典催眠は,相手にトランスだと言うことを気づいて貰ってさらに,暗示行動を引き起こさせるんだ

前回,説明しなかった暗示と暗示行動についてですね

そう,次はその話をしよう


古典催眠における暗示

『暗示」ってなんだと思う?

わかりません.感じとしては,知らない内に何かをされているような……

国語的意味だと,そのまま『暗に示す』ということだろうね.例えば,催眠ショーで手が固まるって時に言う台詞は『あなたの手が石のように堅くなって動かせなくなります』だったりするけけど,これも一応暗示だったりする

えっ,なんだか,暗示って感じがしないですけど

まあ,古典催眠ではこれが暗示なんだな.具体的に言うと,直接暗示と言って,して欲しいことやって欲しいことを,ほとんどそのまま言うんだよね

そう言うって事なら仕方ないです.あんまり納得行かないけど

うん,その感覚は普通の人なら当然だから,心配しなくて良いよ.けどね,例えば『あなたの手が石のように堅くなって動かさないでください』だと,指示とか命令でしょう?

そうですね

同じように『あなたの手が石のように堅くなって動かせないようにしませんか?』だと提案でしょう?

はい,そうです

そう言った意味から最初のセリフは,『~になります』と言う風に,先のことを断定することによって,暗に示しているとも言えるわけ

なるほど.そう言われれば,そう言う気もします

といっても,僕はそんなの暗示だとはおもってないけどね

そうなんですか

うん,けど説明の方法としては便利だから,そのまま使うよ

わかりました

古典催眠では,多く直接暗示という物を使うって事を理解してね

はい

暗示行動

古典催眠での暗示については分かってくれたかな? 次は,暗示行動だね

はい,暗示行動です

これも例を出すなら,ショー催眠が分かり易いね.ショー催眠ってのはそのままズバリ古典催眠だったりするからね

ああ,催眠ショーは古典催眠なんですね

うん,そう思って貰って差し支えはないと思う.ショー催眠で舞台に上がった観客が,術師の言うとおりに踊り出すでしょう? あれが暗示行動だね.それが起きる前に,術師が観客に『この音楽を聴くと踊り出すでしょう』って暗示をしている

はい,そういうの見たことありますよ.指揮者になったりするんですよね

そうだね.直接暗示とそれを行動に起こすかが暗示行動.そして,古典催眠は,最初に言ったとおり『相手がトランス状態だと分かっている状態』で『直接暗示』をして『暗示行動』を起こさせることだと

たしかに,それは,催眠ショーと全く同じですね

そうだね.けど,古典催眠には大きな欠点があったんだ

えっ,それは,なんですか?

古典催眠の限界

古典催眠は,見ていると確かに人をまるで操っているかのように見えるけど,実際は直接暗示の効果はすぐに消えてしまう.そもそも,直接暗示による暗示行動が起きる人――つまり,古典催眠にかかる人――は,割合としては多くないって事

ええと,トランスには誰でもなるわけですよね? けど,古典催眠にかかる人は少ないのですか?

そうなんだ.自覚できるトランスにするのが一つの壁,そして,暗示行動を起こすかどうかも一つの壁になって,結果古典催眠にかかる人は少ない

なるほど,この講座での催眠の一つではあるけど,古典催眠に限って言えば,かかる人は少ないという

そうだね,けど裏を返せば古典催眠でも効果がある人がいると言うことも事実

そうですね,で,その割合は?

暗示行動にも,色々あって,それによっても変わるけど,3割と考えていれば良いと思う.それが多いと思うか少ないと思うかは,人それぞれだね

3割ですか.なんだか,中途半端ですね」

そうかもしれない.けど,古典催眠の良いところもあるから,それを確認しておこうか

はい

古典催眠の良いところ

この講座では,この先具体的にトランスにする方法や暗示も解説していくつもりなんだけど,古典催眠は,覚えやすいし教えやすいんだ

それはどうしてですか?

うん,それは,やり方が公式化されているからなんだ

つまり,『これをやればこうなる』という事ですか?

まあ,そこまで単純かはされていないけど,分かり易いと思う

じゃあ,私にも覚えられます?

うん,それは保証するよ.ただ,忘れちゃいけないのが,相手との関係,状況があってこその催眠という事.あとは,古典では3割しかかからないこと

じゃあ,私の彼氏を古典催眠で操ってなんてのは?

それは,今僕に古典催眠をかけるよりはかかりやすいかも知れないけど,彼氏が古典催眠にかかりやすいかどうかが問題だね

なるほど.とにかく古典催眠が上手く行くためには,条件が色々とあると言うことなんですね

そのとおり.けど,古典催眠をやる人が忘れがちなところでもあるね

そうなんですか.で,次はいよいよ古典催眠のやり方ですか?

そうだね,けど,それは次回かな

えーっ,良いところなのに!

まあ,僕も忙しいんだよ

ホントですかあ? さっき,仕事がないってぼやいてませんでした?

…….とにかく,続きはまた次回

わかりました,ではまた今度



| | コメント (0) | トラックバック (0)

第一回 トランスで変化

ご挨拶

takaみなさん初めまして,この催眠講座を担当講師の,高国(タカクニ)と言います.この講座では,みなさん催眠を理解し使えるようになって貰うのが目標です.実は,こういった講座をやるのは初めてなので,どきどきですが,宜しくお願いします.で,一人では不安なので助手のエリエリさんに手伝って貰いながら進めていきたいと思います.ということで,エリさん,ご挨拶を

eriこんにちは,初めまして,エリと言います.私は大学で心理学を学んでいる学生です.催眠に関しては,全然詳しくないので,みなさんと一緒に勉強していきたいと思いますので,宜しくお願いします

うん,まあこの講座では,できるだけ催眠を心理学やその他の学問的視点で語っていきたいと思う

はい,楽しみです

催眠とは

ところで,高国さん.催眠って何ですか?

おっと,いきなり核心を突くような質問だねえ.うん,けどそこから話をしないと駄目だろうね.『催眠』と言っても,人によって主張が沢山あったりしてむつかしいのだけど,この講座では,次のように考える事にする


『トランス状態にして,相手に変化を起こさせる方法』


なるほど.それが出来ると,テレビでやっているような催眠ショーも出来るようになるんですね?

うん,まあその通りだけど.催眠にも色々なレベルがある.催眠ショーから,催眠療法までね.けど,基本は『トランス状態にして,相手に変化を起こさせる方法』で良いと思う

わかりました.この講座の催眠について定義が終わったのなら,今度は『トランス』と『変化』について話さなくちゃいけないですね

うん,エリさんはなかなか優秀だね.もちろん,トランスについて話もすけど,その前に話すことがあるんだ


相手に変化を与える

エリさんは,彼氏がいる?

えっ,はい,いますよ

そうか.例えば,彼氏に『服を脱いで』って頼まれたら脱ぐかな?

ちょっと,セクハラじゃないですか!!

これは,すごい重要な話をしているんだよ.だから,答えてくれないかな.脱ぐと思う?

えーっ,脱ぐ雰囲気なら脱ぐかも知れないですけど,唐突に脱ぎませんよ

じゃあ,僕が同じように頼んだら?

脱ぎません.彼氏でもないですし

うん,今度は医者が検診の為に服を脱げと言ったら?

それは,脱ぎますよ

そうだね.これで,僕が何を言いたいかというと,行動は状況や相手によって変わるって事なんだよね

そんなの,当たり前じゃないですか

うん,当たり前なんだ.これが,催眠にどう関係してくるかというと,この講座の催眠の目標は『変化を起こさせる事』だったけど,そのためにはその前提として,状況や相手によってそれが違うと言うことを分かって欲しいんだ

それは,どうしてですか?

うん,この講座で催眠を覚えた人が,どこの誰にどういう変化を起こさせたいのかは,分からないのだけど,もし上手く行かなかったときに,催眠の方法を疑うのももっともだけど,それ以上に,相手と自分の関係や,状況についても考えて欲しいと言うことなんだ

つまり,催眠以前に失敗があることがあるという事ですか?

まあ,そういう事.ただ,そういう関係や状況にするために催眠を使うなら?

ああ,なんか混乱してきます.催眠はどこから始まるんでしょう

とりあえず,今ある関係から始めるしかないよね.初対面の人はゼロから始まるだろうし.

わかりました

トランスとは

で,次はトランスについて.トランスとは,日本語では変性意識と言われていて,つまり,普通とは違った意識状態ということなんだけど,まだ良くわかってないところも沢山ある.それでも,変性意識の時に起きる現象は,いくつか分かっているんだ.それを,まとめてみよう

はい

変性意識で起きること

時間感覚の喪失
空間感覚の喪失
主観―客観の差の感覚の喪失
言語感覚の喪失
自己感覚の喪失
恍惚感
一時性
受動性
注意集中
宇宙識

(斎藤稔正『変性意識に関する研究』p.10-11から引用)

これは,もちろん便宜的な分類な訳だけど,トランスで起きる現象を網羅していると思う

なんだか,すごく『喪失』という言葉が多いですね

うん,そうだね.だけど,気を失ったりとか,我を忘れたりとか,そう言ったことはほとんど無い.そして,これらの現象がいっぺんに起きるわけではないし,個人差もあるんだ.これも重要だから,覚えて置いてね

はい,『トランスで起きる現象には個人差がある』ですね

うん,そしてもう一つ重要なのは,トランスには大きく二つに分けられることが出来て,一つは『本人が気づいているトランス』.もう一つは『本人が気づかないトランス』がある

へえ,意識が普通と変わっていても気づかないんですね

うん,そうだよ.良く例に出されるのは,映画を見ているとき,小説を読んでいるときだね.楽しい映画や小説を見ていると時間が早く感じるでしょう? これが『時間感覚の喪失』というトランスの一つの現象なんだ

それなら,私も体験したことがありますよ

そうなんだ.普通と違うといっても,実は普段から体験している状態だったりするから,特別なことではない

じゃあ,映画を見ているときに何かを暗示したら,その人はそうなっちゃうのでしょうか?

うん,それがさっき言った重要ポイントに関わってくるんだよ

あっ,わかりました.『トランスで起きる現象には個人差がある』ですね!

そう,映画を見てトランスになったからと言って,その時に暗示を言えばその通りになるとは限らないけど,映画に感銘を受けて,思想まで変わる人もいるわけで.それに,暗示と暗示行動について誤解があるようだから,それについても話す必要があるね

なるほど.つまり,トランスだから,簡単に変化が起きると簡単に考えてはいけないわけですね.そして,暗示と暗示行動?

暗示と暗示行動については,次回に話そう.とにかく,トランスになることは誰でも出来るし,その方法はある,という事.しかし,トランスになれば,すべての人に同じ変化が起こせるかというと,それは違うんだ.ただ,催眠の重要ポイントにトランス状態があることも事実なんだけどね

なんとなく,分かった気がします

まとめ

第一回はこの辺で終わりにしよう.エリさんまとめてくれるかな?

えーっと,この講座の催眠は『トランス状態にして変化を起こすこと』である.

そう,それがこの講座の前提だね

そして,変化を起こすときには,その相手との関係や状況が重要だと.これは,催眠にかかわらずそうだと言うことでしたね

そう.そして,その状況や関係を変えていく手段の一つに催眠があったりもする

トランスは,本人が気づいているのと気づいてない物がある,そして,トランスで起こる行動には,個人差がある.ですね

うん,それでokだよ.次回は,催眠を大きく分類するところから始めよう

わかりました

では,また次回

はい,ありがとうございました

| | コメント (1) | トラックバック (0)